2009年06月10日

京都 とらや

先日京都のとらや菓子寮が、建築家・内藤廣さんの設計によりリニューアルしたという事で行ってきました。
trk01.jpg

とらやは京都が本場で歴史も遡ると豊臣秀吉時代まで歴史があるようで、朝廷にお菓子を納める事を許されていた由緒正しい菓子屋さんだったそうです。

古い建物を改装し、伝統美を継承しながら品格のある建築へとさらに昇華していました。
trk02.jpg  trk05.jpg

リフォームでもここまでできるのは、やはり設計者の腕の見せ所ですね。
単に古いものに新建材でフタをするような手法ではなく、歴史を見据えながらハード面とソフト面の細かい部分まで調理していくような建築家の手腕には、ただただ感銘を受けました。

作庭と水盤を眺めながら、縁側で冷たい夏の冷菓を味わう...。
とても至福の一時でした...。
trk03.jpg

内藤さんの建築には、隈さんのような繊細とはまた違う、おおらかさや安心感があります。

和風でも、隈さんや木原さんのような繊細美を追及した建築と、内藤さんのような、ただいたずらに細さや美しさに傾倒しない安心感のある空間のしつらえの建築と2種類にわかれるような気がします..。
39511117.jpg


新装オープンの、虎屋菓子寮 京都店
ぜひ一度訪れてみてください。
posted by ユウナ at 22:34| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。